キラッキラッと美しい歯をホワイトニングで生み出そう

目立たない歯の矯正

施術中

インビザラインは、無色透明な素材でつくられていて、その素材の厚さも0.5mm以下と大変薄い素材でつくられたマウスピースです。そのため、装着していることが目立たないというのが特徴です。

Read More...

インプラントの費用

治療台

新宿エリアを含め、今多くの歯科医院ではインプラント治療に注目を集めています。しかし、健康保険が効かないため施術が終わるまでにかかる費用はかなり高くなってしまいます。様々な制度をうまく使って、インプラントを受けましょう。

Read More...

歯科医院の治療

模型

豊中市エリアの歯科医院では、予防治療にも力を入れています。予防治療を行なうことによって虫歯や歯周病の防止、再発のリスクを軽減する共に再発した際の治療期間を短くすることが可能なのです。

Read More...

ホワイトニングで白く輝く

ホワイトニング

私達の歯は、汚れの環境に晒されています。毎日のブラッシングやデンタルフロスはとても大切になってくるでしょう。しかし、色素沈着を起こした汚れというのは自分で取り除くには不可能に近いと言ってもいいでしょう。そこで、利用していきたいのが大阪エリアの歯科医院で、行なわれているホワイトニングという治療方法でしょう。治療というと、虫歯のようにドリルなどで削るイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、そうではありません。全く歯を削ること無く、エナメル質に色素沈着をしてしまった汚れを排除することができるのです。それが、大阪エリアを含む、多くの歯科医院で行なわれているホワイトニングと言われる施術方法です。

以前まで、歯を白くする方法としては確かに歯の表面を削って白くするという方法もありました。また、歯の表面に特殊な液を塗って白く見せるという方法も取られていました。ですが今では、自分の歯を傷つけて白くする必要はなく、怪我をする確立も以前よりだいぶ下がっています。歯の表面は、虫歯治療に使われるドリルなどを使用するため大変危険が伴う作業でした。今の、ホワイトニング方法はクリニックや自宅でやる方法で多少違いはありますが、クリニックでやれば、専用の薬を塗って医療用の特殊な光をその塗った薬に照射するだけで汚れが浮き上がり、思い通りの白さになるのです。自宅では、医療用の光をあてる機械が無いため多少やりかたは変わってきます。このように、日々治療方法は進化してきています。ですが、ホワイトニングは保険適用外であることが多いでので、施術を受ける前には注意しておきましょう。